昌玖寺しょうきゅうじ

昌玖寺は勝山にあった天台修験寺で、氏家氏の祈願寺とされている。慶長2年(1597年)の勝山城廃城後に奥州街道氏家宿古町に移り、江戸時代には羽黒修験道場となり山伏たちの加持祈祷などが行なわれた。昌玖寺は修明山弥勒院昌玖寺と称し、天台宗系の寺院なので、本尊大日如来のほかに薬師如来、不動明王・愛染明王などがある。

≫白澤~氏家を歩く

昌玖寺
昌玖寺

前の名所:将軍地蔵