浮島地蔵うきしまじぞう

鬼怒川沿岸の人たちが恐れたのは、洪水や水死などの水難です。それを救済してもらおうと、水神や地蔵などの民間信仰が生まれ、特に浮島地蔵が信仰されてきました。
どんな洪水にも流れず浮いて、その地にとどまり救済する霊力のあるのが浮島地蔵なのです。
大中の浮島地蔵は、五十里洪水の時でも浮いていたそうです。上阿久津の浮島地蔵は、鬼怒川の大洪水で重い石地蔵なのに、浮きながら上阿久津に流れついたという伝説があります。
この地蔵の台座には元文4年(1739年)とあります。「八日念仏講中」「女人等現当二世安楽所」の銘文は毎月八日に女性たちが念仏講を供養してきました。そのため今では、子授け・安産・子育てと女性に関係の深い信仰になっています。

≫白澤~氏家を歩く

浮島地蔵
浮島地蔵

次の名所:高尾神社