与作稲荷神社よさくいなりじんじゃ

遠い昔には、勝山城地の一隅に祀られてあったといわれる。いつの頃か洪水になり稲荷神社の小祠は流され、三本杉(現河内町・白沢)の根本に留まり、そこにしばらく祀られてあった。
嘉永3年(1850年)に上阿久津村と下ヶ橋村との間に地域論争が起きたが、これを契機として故あって東円寺裏に御神体を祀ったという。
村人や奥州街道を旅する者、鬼怒川に船を操る船人たちがこの稲荷を詣でるようになると、様々な霊験が現れ、気瑞が起ったといわれ、爆発的な稲荷信仰が起きた。寺の裏の片隅にあった小社には、信者の奉加によって本殿や拝殿と社地が造営され、たくさんの鳥居が奉納された。門前には稲荷町ができて、参詣者の飲食遊興の場となった。
しかし、河岸の衰退とともに、霊験談も消え、境内のにぎわいも遠い昔の物語となってしまった。

≫白澤~氏家を歩く

与作稲荷神社
与作稲荷神社

前の名所:鬼怒川の渡し跡