八坂神社やさかじんじゃ

この八坂神社の神楽(神座を設けて神々を迎え、その前で踊る舞踊)は、岩戸神楽の一種で、起源は江戸時代の寛政年間(1789~1801)といわれており、市の指定無形文化財となっている。

≫宇都宮~白澤を歩く

八坂神社
八坂神社

前の名所:旧篠原家住宅
次の名所:名残の松