林桐葉宅跡はやしとうようたくあと

林桐葉は熱田の郷士で、貞亨元年(1684年)冬、『野ざらし紀行』の旅をしていた芭蕉を、自宅に迎えて蕉門に入り、また鳴海の下里知足(しもさとちそく)を紹介するなど、尾張蕉風の開拓者となった。『熱田三歌仙』もここで巻かれている。

≫宮~岩塚を歩く

林桐葉宅跡
林桐葉宅跡

前の名所:ほうろく地蔵
次の名所:上知我麻神社