上知我麻神社かみちかまじんじゃ

上知我麻神社は、宮簀媛命の父君である尾張国造「乎止與命(おとよのみこと)」を祀り、「源大夫社(げんだゆうしゃ)」とも呼ばれた。延喜式神名帳に記載された古社である。元々「ほうろく地蔵」付近にあって、その脇は高札場になっていた。東海道・佐屋路・美濃路を旅する者はいずれも必ず源太夫社の前を通ったため、皆ここで旅の安全を祈願してから、各々の道へ進んだといわれている。今では熱田神宮境内に遷座されている。

≫宮~岩塚を歩く

上知我麻神社
上知我麻神社

前の名所:林桐葉宅跡
次の名所:誓源寺