八幡神社はちまんじんじゃ

当社は弥富市指定文化財である柴ヶ森にある。柴ヶ森は、平治元年(1159年)12月「平治の乱」で平家に敗れた源義朝らが、青墓の宿(現大垣市)まで逃れてきたが、平家の追及が厳しいため、舟に積んだ柴の下に隠れて、知多の野間へ落ちていくことにした。途中、平家の検問を逃れ、松田(現立田村)で粥をごちそうになり、この地、二之江まできて、もう大丈夫だろうと舟荷の柴を川岸に上げた。このことから「二之江村」が「 荷之上村」と改められた。また、川辺の柴は芽を出し年々大きな森となった。

≫佐屋~桑名を歩く

八幡神社
八幡神社

次の名所:服部家住宅