服部家住宅はっとりけじゅうたく

服部家は織田氏との戦乱後、天正4年(1576年)に旧領地荷之上城跡に屋敷を建てた。 当主、服部弥右衛門尉正友は、戦乱で散った農民などを招き寄せて荷之上村を再興した。代々大庄屋をつとめるとともに苗字帯刀を許され、また津島天王祭の市江車の車屋を司ってきた。服部家住宅の母屋・離れ座敷・表門の3棟と、表門に付属する土塀・文庫蔵及び宅地が、国の重要文化財に指定されている。

≫佐屋~桑名を歩く

服部家住宅
服部家住宅

前の名所:八幡神社
次の名所:證玄寺