高札場跡 こうさつばあと

「高札」とは、立て札ともいい、法度、掟書、犯罪人の罪状などを記し、交通の多い市場、辻などに掲げられた板札をいう。その目的は一般の人たちに法令を徹底させるためのものであった。現在保存されている高札は六枚あり、いずれも岡崎市文化財に指定され、内、三枚は資料館に掲示してある。

≫赤坂~藤川を歩く

高札場跡
高札場跡

前の名所:称名寺
次の名所:藤川宿問屋場跡