長沢城跡ながさわじょうあと

長沢は東西三河の境目にあり、両側から山が迫る地形で、中世において戦略上重要な位置であった。長沢城は東西約200メートル、南北約250メートルに及ぶ大規模なもので、主郭の前面を土塁や三重の堀が巡り、南側に出入り口があった。現在は宅地化されて堀の一部をわずかに残すのみである。また、寛永十一年(1634年)家光上洛のときに休憩所として建てられたといわれる御殿が長沢小学校敷地内にあった。

≫赤坂~藤川を歩く

長沢城跡
長沢城跡

前の名所:一里山庚申道道標
次の名所:長沢一里塚跡