火鎮神社ほずめじんじゃ

本神社は三座を祀り、由緒正しき神社なりしが、応永以来海瀟及安永年間社家火災の為め、古文書散失し、由緒を詳に能はざるも、徳川家康の崇敬厚く、除地壱町四方余、丸太船壱双の御墨附を賜り、地方一般の崇敬を蒐めて、御隆盛を極む。大正十四年一月九日村社に列せられ同年同月十四日神饌幣帛料供進社に指定せらる。

≫新居~白須賀を歩く

火鎮神社
火鎮神社