一里塚跡・高札立場跡いちりつかあと・こうさつたてばあと

一里塚は、徳川家康が最初に手掛けた東海道の整備事業のときに、設けられたものである。慶長九年(1604年)から江戸日本橋を基点に一里(約4㎞)ごとにつくられた。 塚は旅人の目印のためにつくられたもので、街道の両側に高さ2mほどの盛土をし、榎・しい・松などが植えられた。 この辺りでは一里塚のことを「一里山」と呼んでおり、石碑にも「一里山旧址」と彫られている。

幕府・大名が、法令や禁令・通達を板札に墨書した高札を掲示した場所を高札立場または、単に立場といい、宿場・渡船場・問屋場など、人の目につきやすい場所に設置された。 白須賀宿には、ここ元宿と東長谷に一箇所づつ設置されたほか、加宿である境宿村にも一箇所、設置されていた。

≫新居~白須賀を歩く

一里塚跡・高札立場跡
一里塚跡・高札立場跡

前の名所:火鎮神社
次の名所:神明神社