潮見坂しおみざか

潮見坂は、街道一の景勝地として数々の紀行文などにその風景が記されている。
西国から江戸への道程では、初めて太平洋の大海原や富士山が見ることが出来る場所として、古くから旅人の詩情をくすぐった地であり、今でもその眺望は変わらず、訪れる人を楽しませてくれる。
浮世絵で有名な安藤広重もこの絶景には、関心を抱いたようで、遠州灘を背景にその一帯の風景を忠実に描いている。

≫新居~白須賀を歩く

潮見坂
潮見坂

前の名所:蔵法寺
次の名所:うなひ乃松