甕麿址・諸平生誕地みかまろあと・もろひらせいたんち

夏目甕麿は、通称嘉右エ門、萩園と号した。
酒造を業とした傍ら国学を内山真龍に学び、後、本居宣長の門に名を連ねた。
賀茂真淵の「万葉集遠江歌考」「鈴の屋大人都日記」等を上梓出版して国学の普及につとめた。著書に「吉野の若菜家集」等数篇がある。文政五年(1822年没)。
加納諸平は甕麿の長子、柿園と号した。若くして紀州和歌山の本居大平の許に寄寓乞われて加納家の養子となる。後、紀州候に召されて国学を講じ国学所総裁となる。
諸平には「当代類題和歌選集」「鰒玉集」七巻の外に「柿園詠草」「柿園詠草拾遺」等の家集を始め数多くの著作がある。

≫新居~白須賀を歩く

夏目甕麿址・加納諸平生誕地
夏目甕麿址・加納諸平生誕地

前の名所:高札立場跡
次の名所:白須賀宿の火防