鳴海城跡なるみじょうあと

根古屋城ともいい、応永年中(1394~)安原宗範の築城といわれる。永禄3年(1560)桶狭間の戦いでは、今川方の猛将岡部元信がこの城に配され、義元が討たれた後も最後まで立てこもって奮戦した。その後、佐久間信盛、正勝らが城主となったが、天正18年(1590)廃城となったと伝えられる。「尾張志」は東西75間、南北34間で4面に堀跡、本丸と、1.3之丸にも堀を残すと記している。

≫池鯉鮒~鳴海を歩く

鳴海城跡
鳴海城跡

前の名所:円龍寺
次の名所:鳴海宿本陣跡