安倍川義夫の碑あべかわぎふのひ

まだ安部川に橋がなく、川を渡るには人夫を雇うのが一般的であった。1738年(天文3年)、江戸へ出稼ぎに出ていた漁夫が紀州(現和歌山県)へ戻る途中、自力で安部川を渡った際に仲間と稼いだ150両もの大金を落としてしまった。 たまたま居合わせた人夫が財布を拾い、漁夫を追いかけ、財布を届けた。 このお礼を漁夫が人夫に渡そうとしても頑なに受け取らない。 困った漁夫が奉行所から渡してもらうよう取り計らっても受けとらない。 とうとう奉行所は漁夫にお礼を戻し、人夫に報奨金を渡した。 昭和4年、和歌山県と静岡県の学童や有志によって、この美談の碑が建てられた。

≫府中~丸子を歩く

安倍川義夫の碑
安倍川義夫の碑

前の名所:甘味処 石部屋
次の名所:安倍川橋