甘味処 石部屋かんみどころせきべや

文化元年(1804年) 創業のあべかわ餅の老舗、石部屋は昔ながらの製法で作り続けている。また、「あべかわ餅」は徳川家康が名づけたといわれている。
休日には遠方からの観光客で行列ができることも。つやつやの真っ白なもちが炊きあがって、ゆらゆら湯気を立てている。客の入りに合わせて炊かれるため、できたてほやほやが食べられる。

≫府中~丸子を歩く

甘味処 石部屋
甘味処 石部屋

次の名所:安倍川義夫の碑