高林寺こうりんじ

手越の灸は、承応2年(1653年)頃、人々の治療のため始められたものという。寺紋は武田菱(たけだびし)で、武田信玄の家臣、一条信龍の三代目松井正近による開基である。 境内には、正近の長男八十郎を祭神とする高林御霊神社がある。

≫府中~丸子を歩く

高林寺
高林寺

前の名所:安倍川橋
次の名所:丸子一里塚