丸子宿本陣跡まりこじゅくほんじん

丸子宿が東海道伝馬制の制定によって宿場町が定められたのは、関ヶ原の戦の翌慶長6年(1601年)で、江戸から数えて二十番目の宿場町であった。
江戸期の宿場戸数は200戸余りであった。

≫府中~丸子を歩く

丸子宿本陣跡
丸子宿本陣跡

次の名所:丁子屋