千貫堤せんがんつつみ

1635年(寛永12年)、領内を大井川の氾濫から守るため建てられた大堤防で、その費用が1千貫ということであったから、この名前がついたとされている。

≫藤枝~島田を歩く

千貫堤
千貫堤

前の名所:東海道追分
次の名所:瀬戸の染飯