島田宿しまだしゅく(静岡県島田市)

島田宿は、川越業務を中心に栄えた宿場である。大井川の近くには、川会所、札場、番宿などが立ち並んでいた。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と唄われたことからも分かるとおり、大雨で増水すれば、何日も足止めされた。

≫藤枝~島田を歩く

枡形跡(ますがたあと)
宿場の出入口には「見付」と呼ばれた施設がありました。もともとは城門の見張り施設のことをいいました。宿場の見付は、上に柵や竹矢来を設けた石垣や土手で、街道に直角や鉤の手に区画したり、または三方をコの字型に囲った升型の見付もありました。
島田宿の東入口には、例の少ない升形の見付が設けられていました。広さは五間四方(約80㎡)ほどです。
島田宿一里塚(しまだじゅくいちりづか)
江戸から数えて52番目の一里塚。
島田刀鍛冶(しまだかたなかじ)
室町時代から江戸時代末期の約400年間、刀の産地として有名であった島田。 室町時代初頭に「助宗」「義助」と銘を切る刀鍛冶が存在し、代々その同名を踏襲していった。 このことを記念する碑。
問屋場跡(といやばあと)
宿場の中心となる施設である問屋場の跡地。
大井神社(おおいじんじゃ)
創建不詳だが、西暦865年(貞観7年)にはその存在を示す記載がある。 御祭神が【水の神】彌都波能売神【土の神】波邇夜須比売神【日の神】天照大神の女神ばかりであるため、昔から安産や女性や子供の神として信仰されている。 なお、この神社の帯祭りは、日本三大奇祭の一つとされている。
大善寺(だいぜんじ)
大井川の渡しで使った時の鐘である「大善寺の時の鐘」が有名。 本物は戦時中に供出された。

≫金谷宿へ行く

島田宿 枡形跡 島田宿一里塚 島田刀鍛冶 問屋場跡 大井神社 大善寺

前の名所:栃山橋