枡形跡ますがたあと

宿場の出入口には「見付」と呼ばれた施設がありました。もともとは城門の見張り施設のことをいいました。宿場の見付は、上に柵や竹矢来を設けた石垣や土手で、街道に直角や鉤の手に区画したり、または三方をコの字型に囲った升型の見付もありました。
島田宿の東入口には、例の少ない升形の見付が設けられていました。広さは五間四方(約80㎡)ほどです。

≫藤枝~島田を歩く

枡形跡
枡形跡

次の名所:島田宿一里塚