東海道追分とうかいどうおいわけ

ここには、瀬戸山を越える中世の古東海道と、山裾に沿う旧東海道がある。 瀬戸新屋や水上は池や湿地が多い所だったので、東海道が六地蔵の所を通るようになったのは、開拓が進んでからである。 当時、東海道はこの碑の所から東へ竜太寺山をまわり、前島境で初倉からの道と合して南新屋(五叉路)へ通っていた。
東海道が瀬戸新屋を通るようになって、東海道とこの古道と分かれる所を追分と呼んだ。古道はその後も主要道路として、青島村当初の学校や役場が沿道に置かれた。

≫藤枝~島田を歩く

東海道追分
東海道追分

前の名所:古東海道蹟
次の名所:千貫堤