藤川一里塚ふじかわしゅくのいちりつか

西棒鼻から150M程進むと左手の民家の入り口に江戸から七十九番目となる藤川一里塚の案内板がある。

藤川の一里塚は、記録によると
「一、此宿より岡崎宿迄之間 壱里塚弐ヶ所 壱ヶ所 木立 左無之 右 榎 但、左右之塚共 藤川宿地内」と記してある。
藤川の一里塚は、当時は街道の左右に塚を作り、榎を植えていたが、天保年間(1830~)頃には南側はすでになくなり、北側の榎は昭和初期には枯れてなくなってしまった。

現在面影はまったく残っていない。

≫藤川~岡崎を歩く

藤川宿の一里塚
藤川宿の一里塚

前の名所:藤川十王堂
次の名所:吉良道道標