白山神社はくさんじんじゃ

もと岡崎城内にあって、城主の産土神として崇敬されていた。三国聞書集によると「永禄9年(1566)家康が在城の折、厄除け、開運、祈とうのため、上州新田から勧請した」ものであるといれている。例年、6月30日には家康の故事にならって、厄除けの鳥居くぐりの神事が行なわれている。

≫藤川~岡崎を歩く

白山神社
白山神社

前の名所:岡崎城跡
次の名所:西惣門跡