東惣門記念碑ひがしそうもんきねんひ

天正18年(1590)徳川家康が江戸に移ると田中吉政が岡崎城主になり総堀を築き城下町を形成し東海道の城内出入口として篭田松葉の惣門を建てた。

≫藤川~岡崎を歩く

東惣門記念碑
東惣門記念碑

前の名所:旧商工会議所
次の名所:岡崎城跡