岡崎二十七曲碑おかざきにじゅうななまがりひ

江戸時代の岡崎の町は東海道の宿駅として栄えていた。東海道の往還は、当所の南で欠村から宿内に入り、この位置で西方へと大きく曲がり、宿内の中心へと進む。その曲折点は岡崎城下二十七曲がりの一つに数えられる。19世紀初頭の記録である「享和書上げ」によると、投町には総家数117軒とあり、綿打商、穀商、紺屋、豆腐屋、古手屋、莨(たばこ)屋、酒屋、小間物屋、綿商などの店が軒を並べていたが、なかでも茶屋が多くあり、茶屋で売られていたあんかけ豆腐の「あわ雪」は東海道往来する人に当宿の名物として賞翫された。

≫藤川~岡崎を歩く

岡崎二十七曲碑
岡崎二十七曲碑

次の名所:根石寺