平塚八幡宮ひらつかはちまんぐう

仁徳天皇の御世に創建され古くは鶴峯山八幡宮と言われ誉田別尊、神功皇后、武内宿禰を祀る。建久3年(1192)源頼朝が妻の懐妊祝いに神馬を奉納した。弘治2年(1566)北条氏康が陣所を置いたため武田信玄によって焼かれ慶長年間(1596-1615)に家康によって再建された。明治6年社名を八幡神社とし昭和53年平塚八幡宮に改称。

≫藤沢~平塚を歩く

平塚八幡宮
平塚八幡宮

次の名所:お菊塚