古戦場 大日堂こせんじょう だいにちどう

戦国時代の始め頃は、遠江地方は駿河の今川氏の支配下におさめられていたが、今川氏滅亡後は今川氏に代わって家康によって治められた。ところが、元亀3年(1572年)上洛を目指す甲斐の武田信玄が遠江へ進出し、木原に陣を布いた。これを迎え撃つため徳川勢は浜松城を出て、三ヶ野・見付宿・一言坂と戦った。この大日堂の高台には、本多平八郎物見の松と伝えられる大松が存在していた。この丘陵に立ば、太田川から遠く袋井まで一望でき、本多平八郎の物見もさぞやとうなずける戦国ロマンがただよう。

≫袋井~見附を歩く

古戦場 大日堂
古戦場 大日堂

前の名所:江戸古道
次の名所:遠州鈴ヶ森刑場