吉田城跡よしだじょうあと

吉田城ははじめ今橋城と称し、永正2年(1505年)牧野古白により築城された。 東三河の戦略拠点の1つとして、争奪戦を繰り返し城主が次々と入れ替わった後、 天正18年(1590年)に池田輝政が15万2千石の城主となり、城下町の改築や整備などが行われた。 明治六年(1873年)、失火により多くの建物が焼失したが、太平洋戦争後に三の丸内側は一部を除き豊橋公園として整備され、本丸には昭和二十九年(1954年)に隅櫓が模擬再建された。

≫ニ川~吉田を歩く

吉田城跡
吉田城跡

前の名所:秋葉常夜灯
次の名所:吉田宿問屋場跡