赤坂宿東側見付跡あかさかしゅくひがしがわみつけあと

見附とは宿場の入口に石垣などを積み、出入りするところを見張ったところである。 赤坂宿見附は、東西に設けられ、東側は東海道を挟んだこの辺りにあった。「赤坂旧日記」によれば、寛政八年(1796年)代官辻甚太郎のとき、東側の見附を関川神社前に移築したとされている。明治七年(1874年)に取り壊された。

≫御油~赤坂を歩く

赤坂宿東側見付跡
赤坂宿東側見付跡

次の名所:関川神社