赤坂宿本陣跡あかさかしゅくほんじんあと

赤坂宿の本陣は宝永八年(1711年)の町並図によると、四軒あった。この松平彦十郎家は江戸時代初期から本陣を勤め、人馬継ぎ立てを行う問屋も兼ねていた。宝永八年の間取り図によると、間口十七間半・奥行二十八間・座敷通り四二二畳で門・玄関付の立派なものであった。

≫御油~赤坂を歩く

赤坂宿本陣跡
赤坂宿本陣跡

前の名所:赤坂陣屋跡