赤坂宿問屋場跡あかさかしゅくといやばあと

間口六間(10.9m)、奥行三十間(56.4m)の瓦葺の赤坂宿問屋場は、慶長五年に徳川幕府の命令によって設けられた。人馬の継立・即ち・伝馬事務を取り扱い、問屋取締・年寄・帳付・馬差・飛脚役などの役人を置き、人足三十人・馬数十頭をつないで即時の用に供した。

≫御油~赤坂を歩く

赤坂宿問屋場跡
赤坂宿問屋場跡

前の名所:関川神社
次の名所:杉森八幡社