大橋屋おおはしや

亭保十八年(1733年)の赤坂宿は、町裏を合わせて屋敷四百軒のうち、八十三軒が旅籠屋であった。大橋屋は旧屋号を鯉屋といい、正徳六年(1716年)に建築されたといわれている。赤坂宿の旅籠屋の中では大旅籠に属し、間口九間・奥行二十三間ほどであった。現在も入り口の見世間・階段・二階の部屋は往時の様子を留めている。

≫御油~赤坂を歩く

大橋屋
大橋屋

前の名所:浄泉寺
次の名所:赤坂陣屋跡