関川神社せきがわじんじゃ

関川神社の楠は町内一の巨木で、推定樹齢は約800年である。古老の説によると、木の根元のえぐれている部分は慶長十四年(1609年)十王堂付近から出火した火災時に焼けたものだといわれている。

≫御油~赤坂を歩く

関川神社
関川神社

前の名所:赤坂宿東側見付跡
次の名所:赤坂宿問屋場跡