御油の松並木ごゆのまつなみき

この松並木は慶長九年(1604年)徳川家康が植樹させたもので、当初600本以上あった松は長い歳月の間に減少したが、現存する松並木のうちでは昔日の姿を最もよく残すものとして、第二次世界大戦中の昭和19年11月7日、国指定の天然記念物となった。

≫御油~赤坂を歩く

御油の松並木
御油の松並木

前の名所:東林寺
次の名所:赤坂宿