箱根峠はこねとうげ

江戸、京の双方から箱根山を上ってきた旅人が、下り坂に差し掛かる地点である。昔から人々を苦しめてきたこれらの坂には、それぞれに権現坂向坂甲石坂…というように、名前が付けられている。
また、律令時代に設けられた当初の東海道は、箱根峠ではなく、箱根山北方の足柄峠を経由した。しかし、富士山の延暦噴火(800年-802年)のために通行が困難になったため、新たに箱根峠の街道が開かれた。

≫箱根~三島を歩く

箱根峠
箱根峠

前の名所:狭石坂
次の名所:峠の地蔵