伊豆国分寺いずこくぶんじ

国分寺は 「今光明四天王護国寺」として天平13年(741年)全国に建立の詔勅が下された。伊豆国分寺は昭和31年軽部慈恩氏によって発掘調査され、寺域と伽藍が推定された。塔跡は現国分寺境内にあり、基壇と8個の礎石が残されている。

≫箱根~三島を歩く

伊豆国分寺
伊豆国分寺

前の名所:三石神社