山中城跡やまなかじょうあと

文献によると、小田原に本城のあった北条氏が、永禄年間(1558~1570年)に小田原防衛のために、築城したと伝えられる中世最末期の山城です。

≫箱根~三島を歩く

山中城跡
山中城跡

前の名所:芝切地蔵
次の名所:菊池千本槍の碑