弁天神社べんてんじんじゃ

昔、弁天島のこの辺りは砂洲が新居の橋本まで続き、白州青松「天の橋立」のような風景が広がっていた。そんな弁天島の美しさに誘われてか、ある日天女が舞い降りた。村人は大変喜び、社を建てるからここにとどまってほしいとお願いした。ところがどういうわけか、天女は駿河の三保の松原に立ち去って行った。 それから長い年月がたち、この辺り一帯は大きな災害にみまわれ、州崎の一部であった弁天は海にとり残されて島となった。その後、舞阪と新居の間は渡船で行き来するようになったが、江戸時代の宝永六年(西暦一七〇九年)今切渡海安全のため、この島に弁天神社が建てられた。人々は天女伝説のこともあり、この神社を大切にお守りしてきた。御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」といい、海上・交通・家内安全、商売繁盛など諸願成就の神として多くの人に信仰されている。 なお、境内には浜名湖弁天島を詠んだ正岡子規、茅原崋山、松島十湖の文学碑がある。

≫浜松~舞坂を歩く

弁天神社
弁天神社

前の名所:北雁木
次の名所:浜名湖