岐佐神社きさじんじゃ

平安時代に書かれた『延喜式神名帳』に、遠江国六十二座・敷智郡六座の一として記載されており千年以上の古社である。 明応七年(1498年)の地震津波では、浜名湖の湖口が切れて「今切」となり舞澤の郷は人家と共に水中に漂没した。満目荒涼たる砂丘上の柳の古木の根本に、『岐佐大明神』の小神祠を見つけた住民は、社殿を建立して祀った。 これが現在の御鎮座の地である。 無事難を逃れた住民は、付近の松原に部落を作り、現在の舞阪町のもとをなした。これを三十六屋敷という。 天正二年(1574年)以来、数次の本殿・拝殿再建の棟札を保存している。 慶長六年(1610年)伊奈忠次公より御神領三石、慶安元年(1648年)徳川家光公より御朱印状により神領五石を奉献され、明治維新に至る。 明治六年(1873年)郷社に列し大正九年、神饌幣帛料供進指定社となる。 現在の社殿は大正元年の造営である。

≫浜松~舞坂を歩く

岐佐神社
岐佐神社

前の名所:宝珠院
次の名所:舞坂本陣跡