北雁木きたがんげ

ここは浜名湖今切渡しの舞坂宿側の渡船場跡で明暦三年(1657年)から寛文元年(1616年)にかけて構築された。その後、江戸時代には災害で幾度か修復されている。両側の石垣の白い部分は昭和二十八年の台風で石垣が崩れたため積みなおしたものである。 雁木とは階段状になっている船着場のことをいうが、地元では「がんげ」と昔からいっている。 舞坂宿には三ヶ所の渡船場があったが、一番南側は主に荷物の積み降ろしをした渡荷場。真ん中は旅人が一番多く利用した主要渡船場で本雁木と呼ばれている。 この北雁木は主に大名や幕府公用役人が利用したところで、往還から幅十間(約18メートル)の石畳が水際まで敷きつめられている。

≫浜松~舞坂を歩く

北雁木
北雁木

前の名所:本雁木跡
次の名所:弁天神社