波小僧なみこぞう

むかし、遠州灘の浜では、地引網漁が行われていた。魚が取れない日が続いたある日真っ黒な小僧が網にかかった。猟師たちは気味悪がり小僧を殺そうとすると、小僧は「私は海の底に住む波小僧です。命だけはお助けください。その代わり、ご恩返しに、海が荒れたり風が強くなったりする時は、海の底で太鼓をたたいてお知らせします。」と言うので、海にもどしてやった。それ以来、天気の変わるとき、波の音がするようになったと伝えられている。

≫浜松~舞坂を歩く

波小僧
波小僧

前の名所:長池松並木
次の名所:舞坂宿