増田平四郎碑ますだへいしろうひ

増田平四郎は、度重なる水害から村を救うため浮島ガ原の浮島沼の大干拓を計画した。
1869(明治2)年に「スイホシ」と呼ばれる大水路を完成させた。しかし、その年の洪水に見舞われ、崩壊してしまった。その後も干拓事業は形を変えて行われ、現在の昭和放水路は、ほぼその当時の位置に建設されている。

≫原~吉原を歩く

増田平四郎碑
増田平四郎碑

前の名所:立圓寺
次の名所:田子の浦