妙法寺みょうほうじ

創建は享保4年(1719年)で、開基は日深。
古くから富士山信仰が行われ、毘沙門堂は富士登山修験の道場である。ここには沓石と呼ばれるものがあり、沓に似た石を足の悪い人がこの石を撫でて祈れば、霊験あらたかだという。
昔、昆沙門天がインドで悪魔をけり上げたとき、片方の沓が脱げ、日本に飛んできて石になったと言い伝えられている。

≫原~吉原を歩く

妙法寺
妙法寺

前の名所:田子の浦
次の名所:吉原宿