平家越えの碑へいけごえのひ

この辺り一帯は1180年(治承4年)、富士川の戦いで平家軍が陣を構えたところである。源氏の迂回作戦で飛び立った水鳥の音に平家軍は驚き、浮き足立ち、敗走したといわれている。この故事に因み、和田川の辺に1924年(大正13年)に平家越の碑が建てられた。

≫原~吉原を歩く

平家越えの碑
平家越えの碑

前の名所:左富士の碑
次の名所:上方見附