大運寺だいうんじ

増上寺の末寺で秀誉上人が元和年間(1615-1624)に開山。本尊阿弥陀如来坐像は首が近江国の良弁、胴体が下野国の恵心によって平安末期に作られ元禄2年(1689)に合わされたもの。

≫平塚~大磯を歩く

大運寺
大運寺

次の名所:延台寺