道標どうひょう

草津宿の江戸方の入口でありました草津川の堤上に建つ火袋付石造道標である。総高は約3.9mを測り、日野の豪商中井氏の寄進によって文化13年(1816年)3月に建てられた。
竿には「右 金勝寺志がらき道」「左 東海道いせ道」とそれぞれの行き先を刻んでいる。なお、道標はかつて道を挟んで北側にあった。

≫石部~草津を歩く

道標
道標

前の名所:本家うばがもちや
次の名所:草津宿