追分道標おいわけどうひょう

ここはかつての日本五街道の最幹線で、東海道と中仙道との分岐点である。トンネルができるまでは、この上の川を越せば中仙道へ、右へ曲がれば東海道伊勢路へと行けた。ここは草津宿のほぼ中心部で、この付近は追分といわれ高札場もあり、旅人にとっては大切な目安であった。多くの旅人が道に迷わぬよう、また、旅の安全を祈って文化13年(1816年)、江戸大阪をはじめ全国の問屋筋の人々の寄進によって建立されたものである。高さは一丈四尺七寸(4.45メートル)で、火袋(ひふくろ)以上は銅製の立派な大燈籠であった。火袋以上はたびたびの風害によって取り替えられたが、宿場の名残の少ない中にあって、常夜燈だけは今もかつての草津宿の名残をとどめている。

≫石部~草津を歩く

追分道標
追分道標

次の名所:高札場跡