鈎の陣跡まがりのじんあと

室町幕府は応仁の乱後、勢力が衰え社会は乱れた。近江守護職位 高頼は、社寺領等を領地とした。幕府の返還勧告に応じない佐々木氏を討伐のため、時の将軍足利義尚は長享元年10月近江へ出陣、鈎に滞陣した。
滞陣2年目に病で延徳元年3月に、25歳の若さで当地で陣没した。本陣跡は西に約200mの永正寺の一帯である。

≫石部~草津を歩く

鈎の陣跡
鈎の陣跡

前の名所:和中散本舗
次の名所:地蔵院